糖質制限食には効果の大きさと同等あるいはそれ以上のデメリットがある?

産後

糖質を制限すると体に負担


今ダイエットのなかでも、特に効果があるといわれているのが糖質制限ダイエットです。

確かに、この糖質制限ダイエットはかなりの効果が期待できるダイエットなのですが、決してメリットしかないダイエットではありません。

その効果の大きさと同等、あるいはそれ以上のデメリットがあるのです。

糖質制限ダイエットにはいくつものデメリットがありますが、その中でも特に大きなデメリットが、脂肪分のとりすぎです。

糖質、つまり甘いものは人間の体を動かすエネルギーなので、これを減らしてしまうとその分体がエネルギー不足になります。

なので、糖質制限ダイエットの場合、エネルギー不足を補うために肉類を多量に食べることになりますが、この、脂肪過多の食事が体内に悪影響をもたらすのです。

肉ばかり食べていると、血液がどろどろになり、心臓や動脈に大きな負担をかけてしまいます。

それをそのまま放置しておくと、心筋梗塞や脳卒中で倒れるといったことになりかねません。

そこまで行かなくても、体調不良に悩まされることになるでしょう。

このように、体に大きな負担をかけてしまうのが、このダイエットの弱点なのです。

では、肉類も糖質も制限すればいいと考える人もいるでしょう。 そうなると、自然に野菜中心の食生活になりますが野菜中心の食生活の場合、脂肪を燃やすだけのエネルギーが体内にたまりませんのでダイエットしてもなかなか体重が減りません。

そんな状況で無理に運動をすると、倒れてしまうことになりかねませんし、逆に少々無理をして運動をしないと、減量がストップしていまいます。

こうなると、あちらを立てればこちらが立たず、ということになりかねません。

なので、糖質も脂肪分も制限したダイエットは非常に効率が悪く、お薦め出来ないのです。

つまるところ、糖質を制限すると体に負担をかけながら(つまりいつ病気になるかビクビクしながら)

ダイエットをするか、非常に効率の悪いダイエットをするかの2択を迫られることになります。

前者を選んでダイエットのために健康を損なうのは本末転倒ですし、後者を選んでこれだけやってもこの程度しか体重が減らないのかとストレスをためながらダイエットをするのもよくありません。

なので、ダイエットをするなら、安易に糖質制限ダイエットを選ばず、他のダイエットを選んだ方がいいでしょう。

それでも糖質制限ダイエットをしたいなら糖質を取ることを完全に制限せずに、あくまで減らすダイエットをつまり糖質減量ダイエットをするとよいでしょう。

糖質制限食の失敗談


42歳 女性 主婦の体験談

中年太りが気になり出して、ダイエットの必要性を感じるようになり、「糖質制限ダイエット」を始めることにしました。

私の周囲の人々が、糖質制限をしていて、ダイエットを成功している確率も高いように感じたからです。

糖質制限ダイエットのルールが簡略なのも気に入りました。

「糖質」をたくさん含む食材を食べない、その一点だけを守れば、後は何をどれだけ食べても良いという単純なルールだからです。

ダイエット前に勉強する点としては「糖質を含む食材」を知ることだけですが、その点もそれほど複雑ではありません。

ご飯やパスタ、お蕎麦などの、「主食」と呼ばれるものは、すべて「糖質だらけ」なので却下します。

さらに「砂糖」が含まれている「ソース」や「タレ」類のNGです。

さらにジャガイモやカボチャなどの「根野菜」、そして「フルーツ」もNGです。

基本的には「主食」と「甘い物」が禁止で、それ以外のもの、例えばステーキや焼肉もタレに砂糖が入っていなければ、どれだけ食べても良いということです。

ルールと食べてはいけない食材を把握したところで、糖質制限ダイエットをスタートしました。

お刺身やステーキ、焼肉の(塩)など、私が大好物なものだけ食べていれば、余裕だと感じてのスタートでした。

しかし、私の糖質制限は長く続きませんでした。

私はお刺身やステーキも好きなのですが、実はご飯やうどん、パンなどの主食のほうがもっと好きだったからです。

お刺身もステーキも焼肉も、受け皿になるご飯がなければ物足りず、どこか空虚な気分になりました。

どれだけ魚料理や肉料理を食べても、お腹が落ち着くことがなかったのです。

結局強いストレスを感じて、二週間ほどでダイエットを中止しました。

主食好きの人には糖質制限ダイエットは難しい…そんな風に思いました。


ホットフラッシュの対策

産後6ヶ月頃から抜け毛が増え始めました-体験談と対処法トップへ